庭師のブログ

萩原の庭×撮影×DIY

今日、「萩原の庭」の撮影に いつもお世話になってる クローバースタジオの永田君、登場!

なぜか 平山庭店には厳しい 永田君だが 子供にはうけが良い。ザ・ベビーフェイス!

あまりに溶け込んでしまい・・・ 横たわる仏様のようになってきた

攻める攻める

自分「良い写真とれた?」
永田君「撮れましたよ~ 子供の!」
自分「え? 庭は?」
永田君「え~ ま~・・・」

自分「ま~ 飯食いにでもいこか~」
永田君「そうですね~」
自分「に、庭の写真は・・・」

こんな感じで今回も期待大です!

そして昼から 「未完成」http://otoniconoouchi.blogspot.jp/ でおなじみの Iさんのお宅へ

やってますね~
スキップするかのごとく 下穴をあける Iさん

DIYをバカにする職人さん 多いけど自分はそーはなりたくない。
そこのとこを もっと掘り下げて まとめて アップしたいです。
DIYと職人の差?

今回つくずく思ったのは 庭だけあってもしょーが無くて、そこに やっぱり 人がいないと
そんでやっと 本当の意味で庭になってく 木が枯れた時が終わりではなく その庭に興味がなくなった時が
本当の枯れのような気がした。

やっぱ庭って面白い!

こちらの記事も要チェック

この記事へのコメント

コメントを書く