庭師のブログ

馬引×色々×考える

最近はお手入れに回っているわけですが
先日、完成した [馬引のお庭]について

DSC_2343

奥にマンションがあり それを隠すか見せるかって事なんですが
見せました。
そのマンションをありとして 背景として 見せることにしたわけです。

窓枠を意識したマキの木の生垣
ベランダと水平な松の枝
両サイドに 玉つくりの仕立物
etc…
いろいろ絡めてマンションを借景にしたいと思い つくった次第です。
まだまだ視覚的要素はあります。
バランスいいと思いました。(自画自賛)

そんな事を考えてつくっていると色々考えるわけで
最近思うのは
山登りです。登山です。
御嶽山が噴火してたくさんの犠牲者が出たわけですが
山自体 本来登っていいのだろうか?
自分も昔、富士山に登ったことがありますが
早く下山したくて したくてしょうがなかった事を思い出します

ヒマラヤを登山する時にシェルパなしでは達成できない。
そんなシェルパは頂上には登らない。

ウィキペディアで書いてあったけど 登山家と口論になり・・・ってのが
その辺の事なのかな~って勝手に思うわけで
それ以上やっちゃいけない事をやってしまう。

それは登った人しかわからない何かがあるのかもしれなけど
想像することは無限大にできる。
あそこに何があって凄い景色が広がっているのだろうと・・・
人間の特技だと思う。
テレビやインターネットでそういったたぐいのものがいっぱい目に入ってくる
嫌でも入ってくる。
だからこそ想像力を働かしてそこに行ってきたかのように それ以上に想像できる。
凄く楽しい事でもある。
行ってみたい欲望を抑えて 行ってきたかのように話せることのできる能力が人間にはあると思う。
それが出来たから進化したのだとも思う。

月にウサギがいるってのも 星座でも 多々ある神話、おもしろい。
今の時代からそうゆうものが生まれるんだろうか。
現実に見えるものでしか評価できずに 確認して確認して また確認して お金….

想像、妄想で今がある。
そういった事を 庭、ニワ、でできると信じている。信じたい。
世の中まだまだすてたもんじゃない。

それ以上聞いちゃだめよ~だめだめ。

こちらの記事も要チェック

この記事へのコメント

コメントを書く