庭師のブログ

そこ×いし×つち

岐阜県川島町で 土いじりしてました〜。
川の島、ようは中洲ですね〜面白い場所です。

自分が住んでる一宮市は木曽川に隣接していたため
川が決壊するとポコっと浮き出たところが(地盤が高いとこ)
ができ そこは今、大抵 地名に「島」とついている。
時之島、西島、東島、島村、中島、島海、etc、、、
浮野や西大街道とかも木曽川に関連してるんだろうな〜
なんかそんなこと考えながら
そこにあるモノ、出てきたモノでお庭やってきました〜

つくる前
DSC_0029
つくり後(中)
DSC_0054

DSC_0050

DSC_0047

IMG_20160228_165131

土、石はそこにあった事
掘れば石が出る出る。
そこにあるものでそこにつくる事は本来、当たり前だけど
とても贅沢な事だと言う事がつくづくわかった気がしました〜。
欲しい、使いたい石や植木があれば何処でも取りに行くタイプですが
だからこそ 地元の材料の良さがわかる気がします。
地産地消、あまり好きな言葉ではないですが
そんな感じですかね。
材料もめぐりあいですね。

こちらの記事も要チェック

この記事へのコメント

コメントを書く