庭師のブログ

ワークショップ×土壁×カレーJAPAN

先日、行われた「コアシェルター プロジェクト」のワークショップです。

休憩中

この瞬間しか味は得ない、土を塗る前の空間、来た人だけの特権みたいな・・・

かずお君

超レアな まじめな顔、 カメラを向けると 緊張してリアルロボットになってしまう、かずお君
この土の中に住む人です。

ここまで出来ました。マンパワー!

この中で「おかわり屋」とゆう役割が自然にできてきた。それは、子供たちが土壁を運び、固さを調節してくれるとゆう、とても難しい役割。
「ちょい固で~」 「はーい、わかりました」 ホントかよって思うとホントに持ってきてくれる。何の迷いもなく・・・
子供って凄いなーと思った。 

 と思ってたら、最後はやっぱり

パン工場だそうです。

だだひたすらに土を塗る。
一つのモノを造り上げる。
何も要らないし何も関係ない。

何になるの?意味あるの?

今は・・・

その時、答えを出す必要はないな
でも、言葉で表現したい。
できない自分がもどかしい。


  
カレーは次で・・・

こちらの記事も要チェック

この記事へのコメント

コメントを書く